2019年09月18日

第4次産業革命意識調査

 エン・ジャパンは、35歳以上を対象とした「第4次産業革命」意識調査結果を発表しています。第4次産業革命とは、IoT及びビッグデータ、AIなどコアとなる技術革新のこと。それによりますと、同革命によって、職を失うことへの不安を感じるか尋ねたところ、40%が「ある」と回答とのこと。不安の理由は、「年齢的に未経験業種・職種への転職が難しいと思うから」(53%)、「ロボットに代替えできる可能性が高い職種だから」(32%)、「自動化できる可能性が高い職種だから」(31%)などの模様。確かに働き方、職種は大きな変化があるかもしれません。
posted by boss at 00:02| 東京 ☁| Comment(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月17日

全国最低賃金が変更されます!

最低賃金が改訂されます。
東京都最低賃金を1,013円になりますので、ご注意を。
各都道府県の令和元年度地域別最低賃金額及び発行年月日は、こちら
posted by boss at 10:54| 東京 🌁| Comment(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月13日

働く目的

 内閣府は、「国民生活に関する世論調査」結果を公表しています。それによりますと、「働く目的は何か」との問いについては、「お金を得るため」56.4%、「生きがいをみつけるため」17.0%、「社会の一員として務めを果たすため」14.5%、「自分の才能や能力を発揮するため」7.9%、などとのこと。やはり、勿論生活のためということが一番ですが、モチベーションを高くするためには、お金以外の目的も重要ですね。
posted by boss at 00:01| 東京 ☁| Comment(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月12日

働き方に関する意識調査

 BIGLOBEは、「働き方に関する意識調査2019」調査結果を発表しています。それによりますと、働き方改革が成功しているか尋ねたところ、「成功している」(31%)、「成功していない」(69%)とのこと。働き方改革で効果があったもの(複数回答)は、「休暇取得の増加」(33.1%)、「労働時間の削減」(18.3%)など。「今後、働き方改革として進めて欲しいもの」では「休暇取得の増加」(29.9%)、「週休三日制の推進」(23.0%)、「夏季休暇等の長期化」(19.5%)、「労働時間の削減」(18.0%)が上位となった模様。働き方改革は、まだまだ浸透はしていないようですね。
posted by boss at 23:54| 東京 ☁| Comment(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月11日

働き方に関する意識調査

 BIGLOBEは、「働き方に関する意識調査2019」調査結果を発表しています。それによりますと、働き方改革が成功しているか尋ねたところ、「成功している」(31%)、「成功していない」(69%)とのこと。働き方改革で効果があったもの(複数回答)は、「休暇取得の増加」(33.1%)、「労働時間の削減」(18.3%)など。「今後、働き方改革として進めて欲しいもの」では「休暇取得の増加」(29.9%)、「週休三日制の推進」(23.0%)、「夏季休暇等の長期化」(19.5%)、「労働時間の削減」(18.0%)が上位となった模様。まだ成果は少ないようですね。
posted by boss at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月09日

人手不足に対する企業の動向調査

 帝国データバンクは、「人手不足に対する企業の動向調査(2019年7月)」結果を発表しています。それによりますと、正社員が不足している企業は48.5%で、1年前(2018年7月)比2.4ポイント減少し、高水準ながら、若干の減少がみられたとしています。業種別では「情報サービス」、「旅館・ホテル」、「メンテナンス・警備・検査」、「建設」、「運輸・倉庫」、「飲食店」などが上位の模様。非正社員が不足している企業は29.8%で、同3.2ポイント減少。業種別では「飲食店」、「飲食料品小売」、「娯楽サービス」、「旅館・ホテル」、「人材派遣・紹介」などが上位とのこと。人材不足感はまだまだありますね。
posted by boss at 12:08| 東京 ☀| Comment(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月06日

使用者による障害者への虐待の状況

 厚生労働省は、障害者を雇用する事業主や職場の上司など、いわゆる「使用者」による障害者への虐待の状況や、虐待を行った使用者に対して講じた措置などにつき、2018年度の状況を公表しています。それによりますと、虐待が認められた事業所は541事業所で、前年度比9.4%減の模様。虐待が認められた障害者は900人で、同31.2%減とのこと。減少傾向とはいえ、虐待に関しては許しがたいことですね。
posted by boss at 00:01| 東京 ☁| Comment(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月05日

学生就職モニター調査7月の活動状況

 マイナビは、2020年卒の学生を対象にした「学生就職モニター調査7月の活動状況」を発表しています。それによりますと、入社予定先を決めた後に「本当にこの会社でいいのか」と不安になったことがある学生の割合は52.8%(前年比1.6ポイント増)とのこと。不安になった理由は「この会社できちんと務まるかどうか」(34.3%)、「悪い評判・口コミで」(19.8%)などの模様。確かに考えるかもですね。
posted by boss at 23:44| 東京 ☁| Comment(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月04日

副業実態調査

 エン・ジャパンは、「副業」実態調査結果を発表ています。それによりますと、副業に対して41%が「希望している」と回答する一方で、勤務先の副業容認度は23%に留まる模様。副業未経験者に、副業の不安を尋ねたところ、「手続きや税金の処理が面倒」(52%)、「本業に支障が出そう」(46%)、「過重労働で体調を崩しそう」(41%)などとのこと。副業はいうほど進んでいないようですね。
posted by boss at 00:19| 東京 ☁| Comment(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月02日

なんでも労働相談ダイヤル

 連合は、「なんでも労働相談ダイヤル」2019年7月分集計結果を発表しています。それによりますと、受付件数は1,146件で、前年同月比178件増の模様。主な相談内容は、「パワハラ・嫌がらせ」(193件、16.8%)が5カ月連続で最も多く、次いで「雇用契約・就業規則」(104件、9.1%)、「解雇・退職強要・契約打切」(101件、8.8%)などとのこと。相変わらず、パワハラが多いですね。
posted by boss at 01:32| 東京 ☀| Comment(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする