2015年12月28日

2016年3月高等学校卒業予定者の就職内定状況

 文部科学省は、「2016年3月高等学校卒業予定者の就職内定状況」を公表しています。
 それによりますと、10月末の高校卒業予定者の就職内定率は73.4%で、前年同期から2.3ポイント上昇。男女別では男子74.8%、女子71.2%で、男子が1.9ポイント、女子が2.9ポイント、それぞれ上昇したとのこと。内定率の上昇いいですね。
posted by boss at 17:08| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月26日

社長が選ぶ今年の社長2015

 産業能率大学は、従業員数10人以上の企業経営者に、2015年の最優秀経営者が誰だと思うかをたずねた「社長が選ぶ今年の社長2015」を発表しています。それによりますと、トップはトヨタ自動車の豊田章男氏(前年2位)。2位はソフトバンクグループ・孫正義氏(前年1位)、3位は三菱航空機・森本浩通氏(前年圏外)。 有効回答数464。とのこと。確かにといった結果ですね。
posted by boss at 17:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月24日

平均年収ランキング2015

 インテリジェンスが運営する転職サービス「DODA」が発表した「平均年収ランキング2015」によりますと、2015年の正社員の平均年収は440万円、前年比2万円減とのこと。年収の増加幅が大きかった職種は「営業企画」、「財務」、などの管理部門系が多数でした。あくまで平均ですので、高い低いとも言えませんが、上昇していくことが勿論望まれますね。  
posted by boss at 10:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月22日

21世紀成年者縦断調査

 厚生労働省は、同じ集団を対象に毎年実施している「21世紀成年者縦断調査(2012年成年者)」の第3回(2014年)及び「同(2002年成年者)」の第13回(2014年)結果を公表しています。それによりますと、女性の結婚後の就業状況を10年前と比べると、結婚後に離職した割合は、2002年調査が31.0%、2012年調査は20.4%で、低くなっているとのこと。結婚が離職の理由にならなくなっていることは非常に良いことだと思われます。
posted by boss at 12:26| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月21日

過労自殺

 ワタミグループの居酒屋「和民」で働いていた森美菜さん=当時(26)=を過労自殺で失った両親が、ワタミ(東京都大田区)や創業者で参院議員の渡辺美樹氏らに損害賠償を求めていた訴訟は、東京地裁で和解が成立しました。原告側によると、渡辺氏らが法的責任を認めて謝罪し、約1億3,000万円を支払うとのこと。
 森さんの死は、従業員に過酷な労働を強いる「ブラック企業」が注目されるきっかけの一つとなります。賠償額には慰謝料4,000万円も含まれ、原告側代理人の玉木一成弁護士は「通常の倍額で『懲罰的要素』が考慮された」と指摘。今回の和解内容が、長時間労働の多いサービス業などで労働環境の改善につながるよう期待を寄せています。
 玉木弁護士らによると、和解条項でワタミ側は、森さんの死は過重労働が原因と認めました。渡辺氏については「最も重大な損害賠償責任を負う」ことを確認。謝罪の文言を含む和解内容を1年間、同社と渡辺氏のホームページ上に掲載するとのこと。
 同社は今後、労使協定で取り決めた残業時間の限度を守るなど過重労働の防止を図ります。渡辺氏の著書購入費などを給料から天引きしていましたが、森さんが入社した2008年以降の新卒社員に対し、これらを返金することも盛り込まれたとのこと。
 厚生労働省で記者会見した父豪さん(67)は「再発防止を盛り込んだのは良かった。今苦しんでいる人たちに、良い影響が出ることを望む」と話しています。
 訴状によりますと、森さんは08年4月に入社し、神奈川県内の店に配属。6日連続の深夜勤務などで1カ月間の時間外労働は過労死の目安とされる80時間を上回る約140時間に上り、同年6月に自殺されました。
 渡辺氏は、フェイスブック上で「裁判所内で遺族に直接、衷心より謝罪を申し上げた。最も重い責任は私にある」などとコメントしています。
 いたたまれない事件ですが、これを教訓として同社も他の会社も考えるべき重大な出来事としてとらえていただきたいものです。
posted by boss at 13:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月17日

賃金引上げ等の実態に関する調査

 厚生労働省は、2015年「賃金引上げ等の実態に関する調査」の結果を公表しています。それによりますと、2015年中に1人平均賃金の引き上げを実施・予定する企業は、前年比1.8ポイント上昇の85.4%。改定額は5,282円(前年5,254円)、改定率は1.9%(同1.8%)で、いずれも前年を上回ったとのこと。調査は8月に実施、常用労働者100人以上を雇用する企業1,661社について集計。賃金の上昇の傾向は緩やかでもいいので上昇基調に転じているといいですね。
posted by boss at 09:48| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月16日

全産業の人件費

 財務省が公表した2015年7〜9月期の「法人企業統計調査」によりますと、金融業、保険業を含む全産業の人件費は44兆7,180億円で、前年同期と比べて2.0%増加とのこと。賃金上昇により、人件費も増加傾向にあることは間違いないですね。お金が消費にまわっていけばいいのですが、消費税のこともあり、なかなか難しいところではあります。
posted by boss at 11:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月15日

2015年農林業センサス

 農林水産省が公表した「2015年農林業センサス」によりますと、販売農家の農業就業人口は209万人で、5年前に比べて51万6,000人(19.8%)減少とのこと。また、農業就業人口の平均年齢は66.3歳、65歳以上が占める割合は63.5%。農業人口の減少と高齢化はまだまだ進みそうです。ただ大事な産業であることは間違いないのですが。
posted by boss at 11:11| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月14日

転職理由ランキング

 インテリジェンスが運営する転職サービス「DODA(デューダ)」は、ビジネスパーソン約4万人を対象に実施した「転職理由ランキング」を発表しています。それによりますと、1位「ほかにやりたい仕事がある」(12.2%)、2位「会社の将来性が不安」(9.2%)、3位「給与に不満がある」(7.7%)とのこと。理由も結構割れていますね。
posted by boss at 09:36| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月11日

2015年賃上げ状況

 産労総合研究所が発表した「2015年度モデル賃金・モデル年間賃金調査」結果によりますと、2015年の賃上げ状況は、「賃上げあり」83.3%で、うち「定昇のみ」43.3%、「ベースアップを実施」は40.0%とのこと。賃上げ企業は前年の84.9%に比べて若干減少。ベア実施企業は同38.5%から増加しています。賃上げ状況は高い水準にありますが、これが中小零細企業にまで広まっていくことが望まれます。
posted by boss at 09:11| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月10日

就職プロセス調査

 リクルートキャリアの研究機関・就職みらい研究所が発表した、「就職プロセス調査」結果(確報版)によりますと、大学生等の11月1日時点での就職内定率は89.5%で、10月1日時点の85.9%と比べて、3.6ポイント高かったとのこと。前年同月の89.4%と同水準。内定率の高水準が継続していることはいいことですね。
posted by boss at 14:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月09日

教育費負担

 連合は、大学生または大学院生の親1,000名を対象に実施した「大学生・院生の保護者の教育費負担に関する調査」結果を発表しています。それによりますと、大学に入学させるための教育費が「非常に重い負担である」との回答は40.7%、また大学在学中の教育費が「非常に重い負担である」は44.8%とのこと。やはり、学費は相当の負担になることは間違いなさそうですね。
posted by boss at 16:39| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月07日

ストレスチェック制度

 12月1日から施行される「ストレスチェック制度」につき、事業者が制度を適切に導入し運営していけるよう、厚生労働省は24日からネット上で「厚生労働省版ストレスチェック実施プログラム」を無料配付しています。詳細は、こちら
 面倒はあると思われますが、今後大事なことであると考えられますので、キッチリしておきましょう。
posted by boss at 09:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月04日

就職・採用活動時期の変更に関する調査

 文部科学省は、就職問題懇談会がとりまとめた2015年度の「就職・採用活動時期の変更に関する調査」結果(速報版・10月1日現在)を公表しています。それによりますと、4年次では、約3割の大学及び4割以上の学生が「4月以降の授業への影響が大きくなった」と回答。卒論等については5割超の学生が「影響あり」とのこと。変更時期は会社だけでなく、大学側も考えなければいけない問題ですね。
posted by boss at 11:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月02日

介護給付費等実態調査月報

 厚生労働省は、「介護給付費等実態調査月報」(7月審査分)を公表しています。それによりますと、受給者総数は、介護予防サービス115万200人、介護サービス400万7,300人。受給者1人当たり費用額は、介護予防
サービス3万6,600円、介護サービス18万7,300円とのこと。勿論、今後増加していくことが予想されますので、対応は早急にしておかなければいけません。
posted by boss at 16:11| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月01日

大卒予定者と高卒予定者の就職内定率

 厚生労働省と文部科学省は、2015年度「大学等卒業予定者の就職内定状況調査」(10月1日現在)の結果を公表しています。大卒予定者の就職内定率は66.5%で、前年同期と比べ1.9ポイント減少。男子65.8%(同1.8ポイント減少)、女子67.2%(同2.2ポイント減少)。
 また、同省は、2015年度「高校・中学新卒者の求人・求職・内定状況」(9月末現在)も公表しています。高卒予定者の就職内定率は56.1%で、前年同期比1.7ポイント上昇。男子は60.1%(同1.6ポイント上昇)、女子は50.4%(同1.7ポイント上昇)。求人倍率は1.83倍で、同0.24ポイントの上昇。
posted by boss at 13:09| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする