2017年03月27日

労働経済動向調査

 厚生労働省は、「労働経済動向調査」(2017年2月)結果を公表しています。それによりますと、正社員への「登用制度あり」は「調査産業計」で68%。制度の有無にかかわらない過去1年間の登用実績は50%(うち「制度あり」41%、「制度なし」8%)とのこと。制度はあるが、過去1年間実績がない理由(複数回答)は、「正社員を募集(又は必要と)した」が、「応募がなかった」が42%で最多。2017年2月1日現在の状況について、主要産業の規模30人以上の民営事業所を対象に実施。有効回答2,963事業所。人材不足感が表れていますね。
posted by boss at 10:05| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする