2017年06月15日

職場における熱中症による死傷災害の発生状況

 厚生労働省は、2016年「職場における熱中症による死傷災害の発生状況」(確報)を公表しています。それによりますと、死傷者(死亡・休業4日以上)は462人で前年度比2人減、うち死亡者は12人(同17人減)の模様。業種別の死亡者は建設業が最多となり、全体の約6割(7人)。厚生労働省では、5月1日から9月30日まで「STOP!熱中症クールワークキャンペーン」を実施します。今年も熱中症には気を付ける時期が来ましたね。
posted by boss at 00:51| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする