2017年09月20日

人口減少に対する企業の意識調査

 帝国データバンクは、「人口減少に対する企業の意識調査」結果を発表しています。それによりますと、人口減少への対応策を実施する際の阻害要因として、「人材確保」(75.5%)が突出して高く、以下、「販路拡大」(32.2%)、「技術開発・研究開発」(19.1%)、「企画提案力の獲得」(16.6%)などが続くとのこと。このように考えると企業にとっても人口の減少は大きな問題になっています。
posted by boss at 16:09| 東京 ☀| Comment(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする