2018年05月28日

上場2,681社の平均年間給与

 東京商工リサーチは、2017年決算「上場2,681社の平均年間給与」調査結果を発表しています。それによりますと、平均年間給与は、599万1,000円(中央値586万3,000円)で、前年比3万8,000円(0.6%)の増の模様。平均給与は11年に調査を開始以来、6年連続で前年を上回ったとのこと。業種別のトップは建設業で695万3,000円(中央値694万9,000円、前年比2.7%増)、最下位は小売業の475万円(同0.8%増)。今は建設業がかなり伸びているようです。
posted by boss at 10:17| 東京 ☁| Comment(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月25日

女性が選ぶ理想の上司

 エン・ジャパンは、「上司」をテーマに行ったアンケート結果を発表しています。それによりますと、女性が選ぶ「理想の上司」は、全年代で天海祐希がトップの模様。「良い上司」と感じるポイントのトップ3は「信頼できる」(51%)、「尊敬できる」(38%)、「仕事に対する責任感がある」(37%)とのこと。女性は全世代で天海さんがトップというのは杉結果ですね!詳しくは、こちら
posted by boss at 01:25| 東京 ☀| Comment(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月24日

老舗企業倒産・休廃業・解散の動向調査

 帝国データバンクは、「老舗企業倒産・休廃業・解散の動向調査」結果を発表しています。それによりますと、業歴100年以上の老舗企業の倒産・休廃業・解散件数のうち、2017年度は461件(前年度比2.2%増)発生し、過去最多を更新した模様。業種細分類別にみると、17年度で最も多かったのは「ホテル・旅館」の18件、次いで、「酒小売業」(17件)、「貸事務所業」(16件)などとのこと。老舗が倒産するのは寂しいものですね。
posted by boss at 01:00| 東京 🌁| Comment(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月23日

医療業界のハラスメント

 日本医療労働組合連合会(医労連)は、看護師ら医療・介護・福祉の職場で働く主に20〜30代の男女のうち、12.0%が過去3年間にセクハラを受けたとの調査結果を発表しています。加害者は49.7%が「患者・家族」だった模様。
 医労連は2017年3〜9月、全国の病院や福祉施設などの職員を対象にセクハラ、パワハラ、マタニティーハラスメントについて調査。41都道府県の看護職や介護職、事務職ら7,225人から回答を得ました。
 セクハラの加害者は患者・家族のほか、看護師にとっての医師ら「他職種」が16.4%、先輩が13.7%、上司が10.1%だった模様。
 過去3年間にパワハラを受けたのは26.6%、マタハラを受けたのは2.5%。セクハラ、パワハラ、マタハラのいずれかを受けたことがある人は31.5%でした。このうち、ハラスメントが原因で退職を考えたことがある人は46.7%に上ったとのこと。
 医労連は「慢性的な人手不足や被害を訴えにくい職場の状況などがハラスメントにつながっている」とみているとのことです。
 ハラスメントは昨今かなり大きな問題になっていますので、今後医療業界でもやはり強い認識が必要ですね。
posted by boss at 00:46| 東京 ☀| Comment(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月21日

労働力調査

 総務省は、「労働力調査(詳細集計)」速報結果を公表しています。それによりますと、2018年1〜3月期平均の役員を除く雇用者は5,540万人とのこと。うち、正規の職員・従業員は、前年同期比38万人増の3,423万人、非正規の職員・従業員は、同100万人増の2,117万人。非正規割合は、前年同期比0.9ポイント増の38.2%。今期より未活用労働指標(仕事につくことを希望しているが、今は仕事を探していない人など)を新たに作成し、就業状態を未活用労働を含む区分に変更しています。
posted by boss at 17:25| 東京 ☀| Comment(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月18日

パートタイマーの募集時平均時給

 アイデム人と仕事研究所は、2018年2月のパートタイマーの募集時平均時給を発表しています。それによりますと、東日本エリアの平均時給は1,011円(前年同月比23円増)、西日本エリアは987円(同4円増)とのこと。また、関西3府県(大阪府、兵庫県、京都府)の「事務職」は調査集計以来過去最高額の955円の模様。東日本は1,000円を超えている状況ですね。
posted by boss at 00:47| 東京 ☁| Comment(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月17日

2018年度新入社員意識調査アンケート結果

 三菱UFJリサーチ&コンサルティングは、「2018年度新入社員意識調査アンケート結果」を発表しています。それによりますと、会社に望むこととして、「残業がない・休日が増える」との回答は12年度以降上昇傾向が続いている模様。一方で、17年度まで横ばいだった「給料が増える」も今年は比率が高まり、「残業がない・休日が増える」との差は縮まったとのこと。「企業が積極的に長時間労働是正に取り組む中、新入社員の間では同時に給料アップも望む傾向がみられる」としています。給与額のUPと時間外・休日労働の関係は、勿論UP&なしの方がいいとは思いますが、経営側にとってはなかなか難しい道かもしれません。
posted by boss at 01:04| 東京 ☀| Comment(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月16日

勤労者の仕事と暮らしに関するアンケート

 連合総研は、第35回「勤労者の仕事と暮らしに関するアンケート(勤労者短観)」調査結果を発表しています。それによりますと、自身や家族の暮らしについて、将来不安を「感じる」が62.0%とのこと。将来不安を感じる要因は、「貯蓄額の不足」(54.2%)や「年金受給額の低下」(42.2%)など。将来の不安は、なかなか払拭できない問題ですね。
posted by boss at 01:01| 東京 ☀| Comment(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月15日

2018年度新入社員の初任給調査

 労務行政研究所は、東証第1部上場企業を対象とした「2018年度新入社員の初任給調査」速報集計を発表しています。それによりますと、39.7%の企業が「全学歴引き上げ」、「全学歴据え置き」は52.3%の模様。初任給額は、大学卒21万1,039円、高校卒16万8,048円。同一企業でみた前年度に比べ、それぞれ0.5%・1,144円、0.8%・1,340円上昇とのこと。初任給も上昇傾向が続いております。
posted by boss at 18:01| 東京 ☀| Comment(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月14日

派遣の給料(時給)

 エン・ジャパンは、「派遣のお給料(時給)」についてのアンケート調査結果を発表しています。それによりますと、派遣社員で時給が上がった者は27%で、2017年の結果と比べて7ポイント増の模様。一方、時給交渉をした者は22%(3ポイント減)。時給アップのために行なっていることは、「時給の良い仕事に就く」(42%)が昨年に引き続き第1位、続いて「仕事で実績を上げる」(33%)とのこと。派遣の時給もUP気味ですが、社員との違いはまだまだ溝は深そうです。

posted by boss at 11:02| 東京 🌁| Comment(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月11日

2018年マイナビ新入社員意識調査

 マイナビは、「2018年マイナビ新入社員意識調査」結果を発表しています。それによりますと、「プライベートを優先したい」が63.2%で、調査開始以来最高とのこと。「仕事優先」(36.7%)とは26.5ポイントの差。11年の調査開始以来減少傾向にあった「仕事への期待」では、「期待している」が74.1%で過去最高(前年比6.1ポイント増)の模様。プライベート優先で仕事に期待というのもいいとこどりですね。
posted by boss at 01:35| 東京 ☁| Comment(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月10日

2018年春季労使交渉・大手企業業種別回答状況

 経団連は、「2018年春季労使交渉・大手企業業種別回答状況」(第1回集計)を発表しています。調査対象である従業員500人以上の主要21業種大手252社のうち、回答が示されたのは16業種127社。うち平均金額が不明等の59社を除く68社の賃上げ妥結水準は、加重平均で8,621円(前年同期8,184円)、2.54%(同2.42%)のアップの模様。軒並みのアップですね。
posted by boss at 00:38| 東京 ☁| Comment(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月09日

職場での「適材適所」に関する実態調査

 リクルートマネジメントソリューションズは、『職場での「適材適所」に関する実態調査』結果を発表しています。それによりますと、会社、職場、仕事、上司それぞれについての適合度は、いずれも「とても合っている」との回答は1割未満とのこと。なかでも上司との適合度が最も低く、3人に1人は「上司と自分は合っていない」としている模様です。上司との関係、なかなか難しいところです。。。
posted by boss at 01:00| 東京 ☔| Comment(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月08日

女性に聞く「仕事のやりがい」調査

 エン・ジャパンは、『女性に聞く「仕事のやりがい」調査』結果を発表しています。「転職活動において、仕事のやりがいを重視するか」という問いに、78%の女性が重視すると回答とのこと。また、仕事でやりがいを感じる瞬間は、「お客様に喜ばれた時」が1位。続いて「ひとつの仕事をやり遂げた時」「目標を達成した時」などの模様。仕事のやりがいは、やはりモチベーションにつながっているのだと思われます。
posted by boss at 00:20| 東京 ☔| Comment(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月07日

過重労働解消キャンペーン実施結果

 厚生労働省は、2017年11月に実施した「過重労働解消キャンペーン」における重点監督の実施結果を公表しています。それによりますと、重点監督を実施した7,635事業場のうち、労働基準関係法令違反があったのは5,029事業場(全体の65.9%)の模様。主な違反内容は、「違法な時間外労働」2,848事業場、「過重労働による健康障害防止措置が未実施」778事業場など。やはり、過重労働は多いですね。
posted by boss at 19:15| 東京 ☁| Comment(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月03日

海外留学生のキャリア意識と就職活動状況調査

 ディスコは、海外の大学で学ぶ正規留学生や交換・派遣留学生を対象に行った「海外留学生のキャリア意識と就職活動状況調査」の結果を発表しています。就職したい理由で最も高いのは「経済的に自立したい」(73.0%)、次いで「自分のスキルアップやキャリア形成のため」(68.8%)の模様。国内学生は「安定した収入を確保したい」が83.4%と最も高く、「自分のスキルアップやキャリア形成のため」(43.7%)は、留学生と比べ25ポイント以上低かったとのこと。日本と海外の違いは出てますね。
posted by boss at 00:48| 東京 ☔| Comment(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月02日

社会人1年目と2年目の意識調査2018

 ソニー生命は、2018年春から働き始める、または、就職してから1年経つ20〜29歳の男女を対象に行った「社会人1年目と2年目の意識調査2018」結果を発表しています。それによりますと、社会人1年生・2年生が挙げる良い会社の3大条件は「人間関係良好」「福利厚生充実」「高給」とのこと。また、やる気に火がつくセリフは「君がいて助かった、ありがとう」がトップの模様。確かに3大条件を満たす会社は人気ありですね。
posted by boss at 10:52| 東京 ☁| Comment(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月01日

2018年度 新入社員の理想の上司

産業能率大学は、「2018年度 新入社員の理想の上司」調査結果を発表しています。
それによりますと、男性は内村光良さんで初。女性は天海祐希さんで2年ぶりの返り咲きとのこと。毎年面白い統計ですね。
詳しい順位はこちら
posted by boss at 16:59| 東京 ☀| Comment(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする