2018年06月11日

人手不足に対する企業の動向調査

 帝国データバンクは、「人手不足に対する企業の動向調査」結果を発表しています。それによりますと、49.2%の企業が正社員が不足していると回答の模様。正社員の人手不足は、4月としては過去最高とのこと。業種別では、「情報サービス」が69.2%で最も高く、次いで「運輸・倉庫」64.1%、「建設」64.0%など。人手不足感は相変わらず多いようです。
posted by boss at 13:56| 東京 ☔| Comment(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする