2018年07月13日

経済センサス−活動調査

 経済産業省と総務省は、2016年「経済センサス−活動調査」(確報)を公表しています。それによりますと、2016年6月1日時点の事業所数は557万8,975事業所、従業者数は5,687万2,826人とのこと。事業所割合を産業別にみると、「卸売業、小売業」が全産業の25.4%で最も多く、次いで「宿泊業、飲食サービス業」13.0%、「建設業」9.2%などとのこと。また、第三次産業で全産業の81.6%を占めている模様。第3次産業は多いですね。
posted by boss at 00:59| 東京 ☀| Comment(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする