2018年10月02日

サービス業の組合員に対するアンケート

 外食や介護業界などの労働組合が加盟するUAゼンセンは、サービス業の組合員に対するアンケート結果を公表しています。それによりますと、業務中に顧客から悪質クレームなどの迷惑行為を受けたことがあるとの回答は73.8%に上ったとのこと。このうち、9割超が迷惑行為でストレスを感じたと回答しており、深刻な実態が明らかになっています。ギスギスした世の中ですね。
posted by boss at 15:05| 東京 ☀| Comment(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする