2018年10月04日

働き方改革に関する意識調査

 日経HRは、転職サイトの登録会員を対象とした「働き方改革」に関する意識調査結果を発表しています。それによりますと、勤務先の働き方改革に対して点数をつけると、平均は48.5点だった模様。点数が高い理由としては、在宅勤務やフレックスタイムなど働きやすい制度が整い、実行されていること、有給休暇が取得しやすいこと、残業が少ないことなど。働き方改革関連法の理解度は、「時間外労働の上限規制」(77.1%)、「有給休暇の取得義務化」(68%)、「同一労働同一賃金」(64.9%)などが高かったとのこと。スタートとしてはまあまあなのではないかと思います。
posted by boss at 00:14| 東京 ☁| Comment(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする