2019年01月16日

雇用動向調査

 厚生労働省は、2018年上半期「雇用動向調査」結果を公表しています。それによりますと、入職率は9.2%で前年同期比0.4ポイントの低下、離職率は8.6%で同0.1ポイントの上昇とのこと。入職超過率は0.6ポイントとなり、7年連続の入職超過とのこと。統計ですが、雇用は安定しているようです。
posted by boss at 00:03| 東京 ☀| Comment(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする