2019年01月24日

就職活動調査

 ディスコは、2020年3月卒業予定の大学3年生を対象とした「就職活動調査」結果を発表しています。それによりますと、インターンシップへの参加者は全体の89.2%で、参加後に企業からアプローチを受けた学生は86.0%に上るとのこと。就職先企業を選ぶ際に重視する点は、「将来性がある」(48.1%)、「給与・待遇が良い」(44.9%)、「福利厚生が充実」(30.7%)など。インターンシップは効果的な活動といえますね。
posted by boss at 00:09| 東京 ☀| Comment(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする