2019年01月30日

なんでも労働相談ダイヤル

 連合は、「なんでも労働相談ダイヤル」2018年12月分集計結果を発表しています。受付件数は1,386件で、前年同月比245件増。主な相談内容は、「パワハラ・嫌がらせ」が205件(14.8%)で10カ月連続で最も多く、「雇用契約・就業規則」(106件・7.7%)とともに、前年同月と比べて件数・割合ともに増加の模様。また、年次有給休暇の相談が第4位に入ったとのこと。今年4月施行の改正労基法で使用者の時季指定5日が義務化されることに関連した相談も紹介されています。
posted by boss at 00:12| 東京 ☀| Comment(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする