2019年04月03日

健康経営に関する認知度調査

 アデコは、「健康経営に関する認知度調査」結果を発表しています。健康経営という言葉(社員の健康増進を経営方針や経営戦略の一環として明確に位置づけ、企業として積極的に取り組むこと)に対して、「言葉も内容も知っている」(21%)、「言葉は知っているが、内容はわからない」(36%)、「聞いたことがない」(43%)とのこと。勤務先での実施状況は、「実施している」(27%)、「実施していない」(48%)。実施している施策は、「メンタルヘルス対策」が8割以上、続いて「健康づくりのための情報提供」などの模様。健康経営は今後大事なことになってくると思われます。
posted by boss at 00:05| 東京 ☀| Comment(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする