2019年04月04日

コミュニケーションツールに関する意識調査

 マンパワーグループは、入社2年目までの正社員を対象とした「就職活動中や入社直後のコミュニケーションツールに関する意識調査」結果を発表しています。それによりますと、就職活動中の使用ツールは、「電話」「メール」が7〜8割以上。入社後、7割以上が社内外に電話することに「抵抗があった」と回答とのこと。今の時代、電話よりもメールが主流になってきているようです。
posted by boss at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする