2019年04月19日

同一労働同一賃金導入

 アデコは、大企業(従業員300人以上)を対象とした「同一労働同一賃金導入に向けた準備の進捗状況と、導入後の見通しに関する調査」結果を発表しています。それによりますと、大企業の7割以上が、導入についての「対応方針が決まっていない」と回答とのこと。導入における課題は、「基本給」(68.8%)、「賞与」(65.0%)など。一方、対応方針が決まっている企業の多くでは、同制度導入後に非正社員の基本給と賞与が増える見込みとしています。同一労働同一賃金は、多くの企業にとって考えていかなければいけない課題です。
posted by boss at 01:21| 東京 ☀| Comment(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする