2019年06月12日

上場企業2,591社の平均年間給与

 東京商工リサーチは、「上場企業2,591社の平均年間給与」調査結果を発表しています。それによりますと、2018年決算の上場企業2,591社の平均年間給与は606万2,000円で、前年より7万円(1.1%増)増えた模様。給与の増加は12年から7年連続。業種別では、建設業が718万7,000円(前年比1.6%増)で、4年連続のトップとのこと。最低は小売業の473万8,000円でしたが、6年連続で前年を上回り、待遇改善は進んでいるとしています。どの業種でも年間給与は増加傾向のようですが、中小はどうなのかが懸念点です。
posted by boss at 00:01| 東京 ☁| Comment(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする