2019年08月08日

大学生インターンシップ前の意識調査

 マイナビは、2021年卒の学生を対象とした「大学生インターンシップ前の意識調査」結果を発表しています。それによりますと、6月末時点で既にインターンシップへの参加経験がある学生は23.8%(前年比5ポイント増)とのこと。インターンシップを選択する際の基準は、「参加しやすい場所で開催される」(59.0%)、「参加期間が短期間である」(51.3%)などの模様。インターンシップは、学生にとってとても有益な制度だと思われます。
posted by boss at 00:19| 東京 ☀| Comment(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする