2019年08月09日

雇用均等基本調査

 厚生労働省は、2018年度「雇用均等基本調査(確報版)」の結果を公表しています。それによりますと、管理職に占める女性の割合は、部長相当職では6.7%(前年度6.6%)、課長相当職では9.3%(同9.3%)、係長相当職では16.7%(同15.2%)とのこと。また、育児休業の取得期間は、女性は「10カ月〜12カ月未満」が31.3%(15年度31.1%)で最多、男性は「5日未満」が36.3%(同56.9%)で最多の模様。女性の活躍はさらに期待されますね。
posted by boss at 00:01| 東京 ☀| Comment(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする