2019年08月21日

2018年度の地域別最低賃金額改定予定

 厚生労働省は、2018年度の地域別最低賃金額改定に関する地方最低賃金審議会の答申状況を公表しています。それによりますと、全国の加重平均額は901円、昨年度より27円の引上げで、1978年度に中央最低賃金審議会の目安制度が始まって以降の最高額の模様。東京、神奈川で全国初の時間額1,000円超え(東京都1,013円、神奈川県1,011円)。とうとう1000円超えるところが出てきましたね。
posted by boss at 17:36| 東京 ☁| Comment(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする