2019年11月01日

同一労働同一賃金の導入による影響

 ディップは、派遣社員を受け入れている企業の経営層・人事担当者を対象とした「同一労働同一賃金の導入による影響」に関する調査結果を発表しています。それによりますと、派遣社員の受け入れに影響があるか尋ねたところ、7割超が「ある」と回答、受け入れコストについては、6割超が「上がる見込み」とのこと。一方で、今後の派遣社員の受け入れ人数については、4割以上が「同等程度」、3割以上が「大幅に増やしていく」または「やや増やしていく」と回答し、同水準以上の採用を予定している模様。やはり派遣も需要は大きいようです。
posted by boss at 00:04| 東京 ☀| Comment(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする