2019年11月13日

被保護者調査

 厚生労働省は、生活保護法に基づく「被保護者調査」(2019年8月分概数)結果を公表しています。それによりますと、被保護実人員は207万5,049人で、前年同月比2万3,545人減少の模様。被保護世帯は163万6,646世帯で、同1,953世帯減少。世帯類型別では、高齢者世帯が89万6,622世帯(前年同月比1万5,280増)で最多(構成割合55.1%)。母子世帯は8万1,462世帯(同5,417減)とのこと。全体では減少していますが、高齢世帯の増加がやはり目立ちますね。
posted by boss at 00:15| 東京 ☀| Comment(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする