2020年03月05日

同一労働同一賃金導入準備の進捗状況と、導入後の見通しに関する調査

 アデコは、大企業の人事担当者を対象とした「同一労働同一賃金導入準備の進捗状況と、導入後の見通しに関する調査」結果を発表しています。それによりますと、「同一労働同一賃金」の導入についての対応方針が決まっているか聞いたところ、「決まっていない」(72.6%)、「決まっている」(27.4%)の模様」。導入後の見込みについて、非正社員では基本給と賞与は、「増える」がそれぞれ60.8%、36.2%で最多。一方、休暇、諸手当、退職金は、「変わらない」がそれぞれ62.8%、44.1%、32.7%で最多とのこと。同一労働同一賃金は、差し迫っていますね。
posted by boss at 12:40| 東京 ☁| Comment(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする