2020年03月20日

新型コロナウイルスの影響

 経団連は、会員企業に対する「新型コロナウイルス感染症拡大防止対策各社の対応に関するフォローアップ調査」結果を発表しています。感染症への対応としてテレワークや在宅勤務については、「実施している・実施予定」(68.6%)、「検討中」(19.3%)、「実施する予定はない」(12.1%)とのこと。時差出勤は、「実施している・実施予定」(93.5%)、子供の学校閉鎖等、従業員が家族への対応として休みを取りやすい環境の整備は、「実施している・実施予定」(86.7%)がそれぞれ最多の模様。
 帝国データバンクは、「新型コロナウイルス感染症に対する企業の意識調査」結果を発表しています。それによりますと、自社の業績への影響について、「マイナスの影響がある」と回答した企業は63.4%、「影響はない」は16.9%の模様。マイナスの影響があると回答した企業を業種別にみると、「繊維・繊維製品・服飾品卸売」と「旅館・ホテル」が89.3%で最多。続いて、「再生資源卸売」(87.5%)、「繊維・繊維製品・服飾品小売」(87.1%)、「飲食店」(80.9%)など。 
 また、マイナビは、2021年卒業予定の大学生を対象とした「新型コロナウイルス感染拡大に対する就職活動実態調査」結果を発表しています。それによりますと、感染拡大が自身の就職活動に何らかの「影響がある」と回答した学生は82.9%で、学生が企業の採用担当者に求めることは、主に「迅速な情報伝達」、「リアルな企業理解の機会の提供」、「感染症対策への配慮」、「選考期間への配慮」などとしています。
 コロナの影響は、至る所で見受けられます。今後さらに状況が悪くなる可能性もありますので、政府の対策が早急に望まれます。
posted by boss at 00:01| 東京 ☀| Comment(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする