2020年05月14日

過重労働解消キャンペーン

 厚生労働省は、2019年11月に実施した「過重労働解消キャンペーン」における重点監督の実施結果を公表しています。それによりますと、重点監督を実施した8,904事業場のうち、法令違反があり、是正勧告書を交付した事業場を違反内容別に見ると、「違法な時間外労働」3,602事業場(全体の40.5%)、「過重労働による健康障害防止措置が未実施」1,832事業場(全体の20.6%)、「賃金不払残業」654事業所(7.3%)などとのこと。まだまだ時間外労働に関する法令違反は多い模様です。
posted by boss at 10:24| 東京 ☀| Comment(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする