2020年05月25日

大学生活動実態調査

 マイナビは、来年3月卒業予定の大学生・大学院生を対象とした「大学生活動実態調査」結果を発表しています。それによりますと、4月末時点の内々定率は35.2%で、前年同月比4.1ポイント減の模様。現在、学生が就職活動を進めるうえで不安に思っていることは、「景気動向が不透明なため、企業の採用活動が縮小するのではないか」(56.5%)、「説明会や選考機会に不慣れなオンラインで参加しなければならない」(45.5%)などとのこと。コロナの影響は、就職活動にも大きくなっています。
posted by boss at 09:48| 東京 ☀| Comment(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする