2020年06月12日

なんでも労働相談ダイヤル

 連合は、「なんでも労働相談ダイヤル」2020年4月分集計結果を発表しています。それによりますと、受付件数は1,966件で、前年同月比823件増の模様。業種別では「サービス業(他に分類されないもの)」(250件・21.7%)が最多。主な相談内容は、「休業補償」(265件・13.5%)が最も多く、前月最多の「解雇・退職強要・契約打切」(230件・11.7%)が続いているとのこと。コロナの影響が多分に含まれていることがうかがえます。
posted by boss at 09:52| 東京 ☀| Comment(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする