2020年06月22日

特定技能在留外国人数

 法務省は、2020年3月末現在の特定技能在留外国人数を公表しています。それによりますと、前回(2019年12月末)の1,621人に比べて2,366人増加して3,987人となり、約2.5倍となった模様。男女別では、男性2,085人(構成比52.3%)、女性1,902人(同47.7%)。国籍・地域別では、ベトナム2,316人(構成比58.1%)、インドネシア456人(同11.4%)、中国331人(同8.3%)など。産業別では、飲食料品製造業1,402人(35.2%)が最多、次いで農業686人(17.2%)とのこと。ベトナムが圧倒的に多いですね。
posted by boss at 09:34| 東京 🌁| Comment(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする