2020年09月01日

2020年度の地域別最低賃金

 厚生労働省は、地方最低賃金審議会が21日までに答申した2020年度の地域別最低賃金の改定額を取りまとめています。それによりますと、最低賃金の引上げを行ったのは40県で、引上げ額が1円は17県、2円は14県、3円は9県の模様。改定後の全国加重平均額は902円(昨年度901円)で、最高額(1,013円)と最低額(792円)の金額差は、221円(同223円)。引上げ額は、10月1日から10月上旬までの間に順次発効される予定。
詳細は、こちら
posted by boss at 23:46| 東京 ☁| Comment(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする