2020年09月30日

世界経営幹部意識調査

 日本生産性本部は、『世界経営幹部意識調査「ポストコロナの世界と企業経営」CEO版』の結果を発表しています。感染症の危機が企業経営に与える長期的影響や変化に対する経営幹部の意識を分析し、日本と他地域のCEOの特徴を比較したもの。それによりますと、国内経済の回復シナリオについて、世界のCEOはU字型(2020年第4四半期に回復)が42%で最多とのこと。一方で、日本のCEOはL字型(2021年もしくはそれ以降に回復)が49%で最多。日本のCEOは、他地域のCEOと比較して悲観的だとしています。慎重なのか悲観的なのか、ですね。
posted by boss at 00:05| 東京 ☀| Comment(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする