2020年11月02日

なんでも労働相談ダイヤル

 連合は、「なんでも労働相談ダイヤル」2020年9月分集計結果を発表しています。それによりますと、受付件数は1,237件で、前年同月比330件増とのこと。業種別では、先月に続き「医療・福祉」が最多で160件(18.5%)。主な相談内容は、「パワハラ・嫌がらせ」(193件・15.6%)が最多、次いで「解雇・退職強要・契約打切」(162件・13.1%)、「雇用契約・就業規則」(102件・8.2%)など。依然としてコロナ禍の影響に関する相談が寄せられたとしています。コロナの雇用に関する影響がまだまだ多いようです。
posted by boss at 09:27| 東京 ☀| Comment(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする