2020年11月16日

2020年年末一時金

 連合は、「2020春季生活闘争年末一時金 第1回回答集計」(4日正午締切)結果を発表しています。それによりますと、年末一時金は、組合員一人あたり加重平均で2.26月、64万2,609円、いずれも昨年実績を下回ったとのこと。また企業内最低賃金協定(最終)は、闘争前に協約があり、基幹的労働者の定義を定めている場合では、回答組合の単純平均で、月額16万3,315円/時間額1,009円、基幹的労働者の定義を定めていない場合は、月額16万4,467円/時間額937円となっています。冬のボーナスもコロナはかなり影響が大のようです。
posted by boss at 09:40| 東京 ☀| Comment(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする