2021年04月08日

非正規雇用に関する企業の採用状況調査

 マイナビは、「非正規雇用に関する企業の採用状況調査」結果を発表しています。1〜2月の業種別の人手過不足感について、「医療・福祉」がアルバイト、派遣社員、契約社員、嘱託のいずれの雇用形態でも「不足」の回答が多く、特にアルバイトでは「不足」と回答した割合が47.4%で最多となったとのと。一方で、「飲食・宿泊」はいずれの雇用形態においても「過剰」が最も多かった模様。やはりコロナの影響で、業種により不足と過剰の割合は変動しています。
posted by boss at 09:02| 東京 ☁| Comment(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする