2017年02月13日

時間外労働規制に関する意識調査

 日本商工会議所は、「時間外労働規制に関する意識調査結果」を発表しています。時間外労働を可能とする36協定を締結している企業のうち、限度時間を超えて時間外労働を可とする特別条項については、約半数(50.6%)が「有り」と回答。36協定の見直しは、「賛成」53.8%、「反対」40.7%とのこと。残業時間の上限の問題はよく取り上げられていますが、やはり限度時間は引き下げられるような政策になりそうです。
posted by boss at 10:34| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/446955931

この記事へのトラックバック