2017年02月25日

労働力調査

 総務省が公表した「労働力調査(詳細集計)2016年平均(速報)」結果によりますと、2016年平均の完全失業者は208万人で、前年比14万人減少とのこと。また、うち、失業期間が「1年以上」の者は、同1万人減少の76万人で、比較可能な2002年以降で過去最少の模様。失業者の数は、減少傾向にあるようです。これがさらに続いていくことが望まれます。
posted by boss at 00:35| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック