2017年03月28日

大学等卒業予定者と高校新卒者の就職内定状況

 厚生労働省と文部科学省は、2016年度「大学等卒業予定者の就職内定状況調査」(2017年2月1日現在)の結果を公表しています。大卒予定者の就職内定率は90.6%、前年同期比2.8ポイント増となり、調査開始以降同時期で過去最高とのこと。男子は88.8%(同2.3ポイント増)、女子は92.8%(同3.5ポイント増)。
 また、同省は、2016年度「高校・中学新卒者のハローワーク求人に係る求人・求職・内定状況」(2017年1月末現在)を公表しています。それによりますと、高校新卒者の就職内定率は94.0%で、前年同期比0.4ポイント増の模様。これは24年ぶりの水準とのこと。男子は94.7%(同0.2ポイント増)、女子は92.9%(同0.5ポイント増)。求人倍率は2.19倍で、同0.19ポイント増。
 大卒も高卒も内定率は上昇していていい流れですね。
posted by boss at 11:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック