2017年04月10日

中小企業景況調査

 中小企業庁は、独立行政法人中小企業基盤整備機構が全国の中小企業約1万9,000社を対象に、四半期ごとに実施している「中小企業景況調査」の2017年1〜3月期の結果を公表しています。それによりますと、全産業の業況判断DIは、前期差1.7ポイント増のマイナス17.0で、2期ぶりに上昇の模様。中小企業の業況は、「一部業種に足踏みが見られるものの、持ち直しの動きを示している」とのこと。
posted by boss at 17:16| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック