2017年05月17日

女性活躍インデックス

 東洋大学は、企業や団体の女性活躍の度合いを示す「女性活躍インデックス」を開発したと発表しています。指標に基づくランキングも公表。最もポイントが高かったのはローソンでした。。
 就職活動で参考にしてもらい、企業にも女性活躍の取り組みを促すのが狙い。各社の2016年度決算が出そろい次第、ポイントと企業業績の相関関係も調べるとのこと。今後、毎年度末のデータを基にランキングを公表するようです。
 対象は、厚生労働省の「女性の活躍推進企業データベース」に登録した企業のうち、従業員1,001人以上で、女性の割合が8割以下の910社。3月末時点の女性管理職比率や男女の育児休業取得率などからポイントを算出しています。ローソンは男性の育児休業取得率で際立っていたとのこと。
 2位は人材派遣のオムロンパーソネル、3位は製造業派遣のテクノ・サービスでした。
 以下は順位です。
【企業名】
1.ローソン
2.オムロンパーソネル
3.テクノ・サービス
4.イオンファンタジー
5.パソナテック
6.セブン&アイ・フードシステムズ
7.アルプス技研
8.日本郵船
9.リクルートコミュニケーションズ
10.太陽生命保険
 面白い試みですね!


posted by boss at 01:31| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック