2017年07月14日

働くことの意識

 日本生産性本部「職業のあり方研究会」と日本経済青年協議会は、2017年度新入社員を対象とした「働くことの意識」調査結果を発表しています。「働く目的」は「楽しい生活をしたい」が42.6%で過去最高、「自分の能力をためす」は10.9%で過去最低の模様。「若いうちは進んで苦労すべきか」は「好んで苦労することはない」が29.3%で過去最高とのこと。時代は変化しますね。
posted by boss at 01:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック