2017年08月31日

人手不足に対する企業の動向調査

 帝国データバンクが発表した「人手不足に対する企業の動向調査」結果によりますと、企業の45.4%で正社員が不足していると回答の模様。正社員の人手不足は、2006年5月の調査開始以降で過去最高を更新。業種別では、「情報サービス」が69.7%で最も高く、次いで「家電・情報機器小売」「放送」が61.5%と続くとのこと。人手不足は深刻な問題になっていますね。
posted by boss at 01:05| 東京 ☁| Comment(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: