2018年06月26日

転職決定者アンケート調査

 リクルートキャリアは、転職決定者アンケート調査結果を発表しています。それによりますと、転職活動を振り返った際に「力を入れたこと」を聞いたところ、「自分の「持ち味や強み」を明らかにすること」(75.4%)が最も多く、続いて、「自分が「やりたいこと」を明らかにすること」(66.2%)とのこと。一方で「力を入れておけばよかったこと」は、「待遇や勤務時間等、応募企業との条件交渉」(44.5%)、続いて「「異業種」も含めて、企業の情報を収集すること」(43.3%)とのこと。自己アピールの方に力が入っていたようですね。
posted by boss at 08:23| 東京 ☁| Comment(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: