2018年06月28日

他国の働き方

 エアトリは、「他国の働き方」に関するアンケート調査結果を発表しています。それによりますと、他国の働き方について、理想的なもの(理想的)と、日本でも取り入れることができそうなもの(現実的)を聞いたところ、いずれも割合が高かったのは、オランダの「時間貯蓄制度」(理想的13.6%、現実的12.9%)だったとのこと。時間貯蓄制度とは、残業や休日出勤など所定外の労働時間を貯蓄し、後日有給休暇などに振り替えて利用できる制度です。確かに使えそうな制度ではありますね。
posted by boss at 01:40| 東京 ☀| Comment(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: