2018年07月31日

夏季休暇に関する調査

 楽天リサーチは、「夏季休暇に関する調査」結果を発表しています。それによりますと、夏季休暇を取得する予定の人に、夏季休暇に何をするかを聞いたところ(複数選択)、「自宅で過ごす」(40.1%)が最も高かった模様。続いて「国内旅行」(36.0%)、「帰省」(31.3%)など。「自宅で過ごす」理由は、「どこに行っても混んでいるため」(56.5%)、「普段忙しいので、自宅でゆっくりしていたい」(42.9%)などとのこと。例年以上に熱いこの夏は、自宅でゆっくりもいいのではないですかね。
posted by boss at 08:21| 東京 ☁| Comment(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: