2018年09月11日

外国人留学生の就職活動状況

 ディスコは、2019年3月卒業予定の外国人留学生(現在、大学4年生・大学院修士課程2年生)を対象に行った、「19年度外国人留学生の就職活動状況」の調査結果を発表しています。それによりますと、7月時点の内定率は、国内学生の8割超(81.1%)に対し、外国人留学生は4割台(42.6%)の模様。就職活動の難易度を尋ねたところ、「厳しい」が80.7%と、国内学生(39.8%)を大きく上回ったとのこと。企業に発信してほしい情報では、「外国人留学生の採用実績」が77.6%でトップ。外国人留学生の就活はまだまだ厳しい環境にあるようです。
posted by boss at 00:13| 東京 ☔| Comment(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: