2018年12月03日

2018年度新卒採用に関するアンケート調査

 経団連は、会員企業に対して実施した「2018年度新卒採用に関するアンケート調査」結果を発表しています。それによりますと、2019年4月入社対象の採用選考活動を実施した企業の割合は98.0%となり、前年に比べ0.4ポイント減少したものの、高水準で推移しているとのこと。また、新卒採用市場に関する評価として「前年より売り手市場(学生側が有利)」との回答は81.7%となり、3年連続で8割以上となった模様。売り手市場はまだまだ継続見込みですね。
posted by boss at 17:45| 東京 ☀| Comment(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: