2018年12月14日

賃金引上げ等の実態に関する調査

 厚生労働省は、2018年「賃金引上げ等の実態に関する調査」の結果を公表しています。それによりますと、18年中に1人平均賃金の引き上げを実施・予定する企業は89.7%で、前年(87.8%)を上回ったとのこと。改定額(予定を含む)は5,675円(前年5,627円)、改定率は2.0%で前年と同水準の模様。調査は8月に実施、常用労働者100人以上を雇用する企業1,578社について集計。引き上げは続いていますね。
posted by boss at 00:04| 東京 ☁| Comment(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: