2018年12月29日

労働組合基礎調査

 厚生労働省は、2018年「労働組合基礎調査」結果を公表しています。それによりますと、2018年6月30日現在の労働組合員数は1,007万人で、前年比8万8,000人(0.9%)増とのこと。推定組織率は17.0%で、同0.1ポイント低下し、過去最低の模様。女性の労働組合員数は335万7,000人で、同9万人(2.7%)増。推定組織率は12.6%で、同0.1ポイント上昇。パートタイム労働者組合員数は129万6,000人で、同8万9,000人(7.3%)増。推定組織率は8.1%で、同0.2ポイント上昇し、過去最高。パートの組合員が増加しているのでは、やはり労働条件のトラブルが多いせいなのかもしれません。
posted by boss at 00:24| 東京 ☀| Comment(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: