2019年02月14日

企業の人材不足

 エン・ジャパンは、2019年「企業の人材不足」実態調査結果を発表しています。それによりますと、「人材が不足している部門がある」と回答した企業は89%で、16年調査に比べて5ポイント上昇とのこと。業種別では、「IT・情報処理・インターネット関連」、「不動産・建設関連」、「メーカー」がいずれも91%でトップの模様。不足している職種は、「営業職(営業、MR、人材コーディネーター他)」が35%で最多。人材不足を感じている企業はかなりの割合ですね。
posted by boss at 00:15| 東京 ☁| Comment(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: