2019年02月18日

2019年中小企業の経営施策

 産業能率大学は、従業員数6人以上300人以下の企業の経営者を対象とした「2019年中小企業の経営施策」結果を発表しています。それによりますと、人員の過不足状況について「不足している」と回答した企業は50.0%だでしたが、一方で「適正である」は前回調査(18年調査)から4.0ポイント増加、人材不足は改善の兆しがあるとしています。副業制度については、約8割の企業が未導入で、制度を導入していても利用率は「50%以下」が9割以上を占めています。19年4月から義務付けられる年5日の有給休暇取得についても、53.6%が「まだ対応できていない」としています。
posted by boss at 13:32| 東京 ☀| Comment(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: