2019年05月10日

「平成」産業構造変遷調査

 帝国データバンクは、『「平成」産業構造変遷調査』結果を発表しています。それによりますと、平成30年間における日本の産業変遷を見ると、全9業種のうち、30年間で構成比が拡大したのは「建設業」「小売業」「運輸・通信業」「サービス業」の4業種、縮小したのは「製造業」「卸売業」「不動産業」「農林水産業」「鉱業」の5業種の模様。最も大きく伸長したのは、「広告・調査・情報サービス業」で、平成元年の1.6%から平成30年には4.9%となった。時代の変遷が見て取れますね。
posted by boss at 00:02| 東京 ☁| Comment(0) | 社労士より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: